トリコ・A 演劇公演2022『へそで、嗅ぐ』

昨年の緊急事態宣言により東京公演が中止となった『へそで、嗅ぐ』が2022年8月に上演決定

へそは、昔も今もそこにあり、これからもあり続けるのです

上演台本・演出
山口茜
出演
豊島由香、福角幸子、高杉征司、芦谷康介、達矢、佐々木ヤス子、中筋和調、温井茜
作曲
茂木宏文

画像タップでPDF表示

画像タップでPDF表示

  • 撮影:松本成弘

あらすじ

古家隆子は、小さな町にある小さなお寺で、両親と共に暮らしている。彼女の定位置は大きな松の木のある庭に面した縁側。ある時は父の読むお経とともに、ある時は縫い物をする母とともに、彼女の毎日は過ぎていた。ある日、父が倒れ、お寺に妹一家が引っ越してくることとなった。看病で不在となった母の代わりに、隆子のもとにはヘルパーが派遣され、父の不在でにわかに権力を持った住み込みのバイトに友人の出入りを制限されてしまう。隆子の環境は本人のあずかり知らぬところでどんどんと変化していくが、隆子はただそれを、受け入れていた。ヘルパーが口を出すまでは・・・。

2018年に障がいを持つ方とワークショップをさせていただいた時、みなさんが、障がい者としてではなく、1人の俳優として創作に参加したいと思っておられることを知りました。そして私自身、俳優を目指していた頃に、自分のままで俳優として必要とされることは難しいと感じ、ダイエットをしたりと、本来の俳優としての訓練ではない努力をしていたことをふと思い出したのです。そして過去の私を救うためにも、障がいを持つ人が、世間の決めた「属性」で判断されることなく、俳優訓練に邁進できる場を設けたいと思ったのです。
2021年、関西での初演を終えて、環境から障がいを取り除くことの難しさや、自分の無知や狭量さを思い知りました。手を差し伸べるつもりで取り組んだ公演で、奇しくも私は私の無力さと向き合うこととなったのです。
今回の公演では、前回の稽古場や本番で私の中に起きた現象を、物語の中に取り入れたいと思います。へそで、嗅ぐとはどういうことなのか。今も答えの出ないこのタイトルの意味を、是非確かめにおいでください

山口茜

東京公演

2022年8月20日(土)~23日(火)

8月20日(土)13:00*/18:00
8月21日(日)14:00◆★
8月22日(月)14:00/19:00◆
8月23日(火)14:00

*受付開始は開演の45分前、開場は30分前

★ポストパフォーマンストーク
◆字幕サービス
*託児サービス

こまばアゴラ劇場

〒153-0041 目黒区駒場1-11-13
京王井の頭線駒場東大前駅から徒歩3分
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

チケット

チケット予約開始  7月2日(土)10:00

全席自由席

一般前売 3,500円 当日 4,000円
U30(30歳以下)前売 2,500円 当日 3,000円(要年齢証明)
障碍者とその介助者前売当日 各2,500円(要証明)
高校生および18歳以下前売当日 1,000円(要年齢証明)
上演台本付きチケット(一般)前売のみ 4,500円
上演上演台本+サイドストーリー本付きチケット(一般)前売のみ 5,000円
  • *未就学児入場不可(託児サービスあり)
  • *U30、高校生以下および18歳以下は公演当日に年齢証明を受付にてご提示ください。
  • *障がい者チケットをご予約の方は、身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳のいずれかを当日受付でご提示ください。
  • *車いすで観劇をご希望の方はチケット予約時に『へそで、嗅ぐ』制作部までお問合せください。
  • *入場時の検温と常時マスクの着用にご協力をお願いいたします。
  • *劇場支援会員が優先入場となります。
  • *入場券の整理番号は当日受付順となります。
チケット予約
カルテットオンライン
チケット予約はこちらから

託児サービスのご案内

[ 要予約・無料・定員制 ]
対象公演:8月20日(土)13:00の回
対象年齢:生後3ヶ月から小学校入学前までのお子さま
予約方法:チケットのご予約後に、下記までお電話にてお申し込みください。
イベント託児・マザーズ
0120-788-222(土日祝除く 10:00-12:00 13:00-17:00)

ポータブル字幕機サービス(日本語)のご案内

[ 無料・限定数 (先着順) ・要予約]
上演中、セリフや音響の情報をお客様のお手元でご覧いただけるタブレットを貸し出しいたします。
対象公演:8月21日(日) 14:00/8月22日(月)19:00
予約方法:ご観劇日前日までに『へそで、嗅ぐ』制作部までお問合せ、またはチケット予約時に備考欄にてお知らせください。

※タブレットから光が漏れる都合上、最後列をご案内いたしますことご了承ください。

スタッフ

上演台本・演出山口茜
出演豊島由香、福角幸子、高杉征司、芦谷康介、達矢、佐々木ヤス子、中筋和調、温井茜
舞台監督下野優希
舞台美術竹内良亮
音楽茂木宏文
照明池辺茜
音響森永恭代
衣裳清川敦子
宣伝デザイン山口良太(slowcamp)
宣伝イラスト渡部真由美
宣伝写真松本成弘
演出助手田中遙
制作合同会社syuz’gen、合同会社stamp
ドラマトゥルクウォルフィ―佐野
撮影協力京都市メディア支援センター
提携(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
企画/製作/主催合同会社stamp
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
企画/製作/主催合同会社stamp
京都芸術センター制作支援事業

感染症予防についてのお願い

ご来場の際は、感染症予防(入場時の検温と常時マスクの着用)にご協力願います。
詳しくは当団体の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインをご覧ください。

Social Networks

Share