サファリ・P 第6回公演『怪人二十面相』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サファリ・Pの新作は、なんとあの児童文学の金字塔『怪人二十面相』。
作曲家・増田真結氏を迎えて、全く新しい二十面相を創り出す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サファリ・P 第6回公演

『怪人二十面相』


チラシデザイン・写真:清水俊洋

原作:江戸川乱歩『怪人二十面相』(参考文献:江戸川乱歩『陰獣』)
構成・演出:山口茜

出演・共同創作:高杉征司、日置あつし、芦谷康介、達矢、佐々木ヤス子

 

「怪物が、私の体にねばりつく。」

江戸川乱歩の児童文学の金字塔。
変装を得意とする盗賊「怪人二十面相」と日本一の名探偵「明智小五郎」との、力と力、知恵と知恵が火花を散らす大闘争の物語。
子供の頃、誰もがワクワクしながらページをめくったあの興奮はそのままに、肉薄すればするほど揺らぐ二十面相の「存在」をつまびらかにあぶり出す。
作曲家の増田真結氏を迎え、「光と音」、「身体と音」で織り成す、全く新しい『怪人二十面相』。

 

【東京公演】
こまばアゴラ劇場提携公演

2019年8月 1日(木) 15:00 / 19:30
     2日(金) 15:00◇ / 19:30
     3日(土) 13:00 / 17:00◇
     4日(日) 13:00■                   (全7ステージ)
(受付は開演の40分前、開場は開演の20分前)

◇聴覚障碍者向け字幕サービス有(要予約・4名まで)
■託児サービス有(要予約)

会場:こまばアゴラ劇場 http://www.komaba-agora.com/
〒153-0041 目黒区駒場1-11-13  TEL 03-3467-2743

 

【京都公演】
THEATRE E9 KYOTO オープニングプログラム

2019年8月15日(木) 15:00 / 19:30
     16日(金) 15:00◇ / 19:30
     17日(土) 13:00 / 17:00◇
     18日(日) 13:00■            (全7ステージ)
(受付は開演の40分前、開場は開演の20分前)

◇聴覚障碍者向け字幕サービス有(要予約・4名まで)
■託児サービス有(要予約)

会場:THEATRE E9 KYOTO https://askyoto.or.jp/e9/
〒601-8013 京都市南区東九条南河原町9-1

 

【キャスト】プロフィール写真撮影:清水俊洋

[俳優]
高杉 征司(タカスギセイジ)

1975年生まれ。広島県出身。同志社大学 文学部卒業。
大学在学中に演劇を始め、2001年 WANDERING PARTY旗揚げ。2011年の解散まで代表を務める。2015年 サファリ・Pの旗揚げに参加。
演劇と日常、私とそれ以外、そんな境界を疑い、シームレスにすることに興味を持ち、舞台の上でも具象と抽象のはざまを彷徨っている。
個人ブログ → 中継ぎ哀歌〜ナカツギエレジー〜



[舞踊家]
日置 あつし(ヘキアツシ)

京都市出身。プロダクション航路延長主宰。
2019年『時速5km自動運転モビリティーiino』(関西電力)、『初春舞踊会』(美濃吉本店竹茂楼)。2018年『ジェイアール京都伊勢丹創業祭』。舞踊作品を海外フェスティバル等で上演。マルセロ・エヴェリン(ブラジル)、ミレーヌ・ブノワ(フランス)、パウラ・ロソレン(ドイツ)、リム・ペイエン(マレーシア)等の振付家と共同振付・創作。茶道や剣鉾なども行い、京都大学にて触覚学の分野で共同研究を行う。個人ホームページ → 舞踊家 日置あつし H.P



[俳優]
芦谷 康介(アシヤコウスケ)

大阪府出身。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。
2005年『聞こえる、あなた?-fuga#3』(作・演出/太田省吾)、2010年『イキシマ breath island』(作/松田正隆 演出/松本雄吉)、2013年 木ノ下歌舞伎
舞踊公演『三番叟』 (演出/杉原邦生) 南米チリ公演などに出演。



[ブレイクダンサー]
達矢(タツヤ)

京都府出身。
ダイナミックな動きからスタイリッシュな動きまで何でもこなすオールラウンダー。特に回転系の技であるパワームーブを活かしたダンスが持ち味。舞台表現全般に関心があり、ダンスと共に演劇にも積極的に取り組んでいる。京都ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」出演中。
Battle of The Year』日本大会2008年、2010 2位。『JAPAN DANCE DELIGHT2009年、2010 FINALIST



[俳優]
佐々木 ヤス子(ササキヤスコ)

京都府出身。神戸大学卒業。
実家が800年続く由緒正しい寺であるにも関わらず煩悩に塗れて育ち、先天的な品の良さと後天的ないやらしさが持ち味。「エミィ賞グランプリ」にて作品賞を受賞するなど、コメディエンヌとしても評価を受けている。
off-Nibroll、桃園会、劇団壱劇屋、劇団ガバメンツなどに出演。京都ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』のドールパートでレギュラー出演中。
個人ホームページ → 佐々木ヤス子H.P



【作曲】

増田真結(マスダマユ)

1981年東京生まれ。京都市立芸術大学卒業(音楽学部賞、京都音楽協会賞)、及び同大学院音楽研究科修士課程修了(大学院)。大学からの派遣によりドイツ・ブレーメン芸術大学へ交換留学。京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士(後期)課程を修了。博士論文「箏唄の作曲手法古代歌曲の古楽譜の解釈と音律研究と起点として」により博士号(音楽)取得。10回東京国際室内楽コンクール第3位入賞、第23回現音作曲新人賞受賞、第15回及び第18回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門一般の部第2位入賞、第78回日本音楽コンクール作曲部門入選。音を使ったインスタレーションの展覧会 <Klanginstallation>(ドイツ)、京都市の派遣により2017年東アジア芸術文化都市閉幕式典(韓国)、Music From Japan(アメリカ)などに委嘱作を出品。声と歌、言葉と音律を素材に日本の伝統音楽や芸能の再解釈と「境界」を主題とする制作を行っている。日本の音楽創作の研究・普及団体であるJCMR Kyotoの活動により、平成25年度京都市芸術文化特別奨励者に認定。神戸女学院大学、名古屋芸術大学非常勤講師を経て京都教育大学講師、京都市立芸術大学非常勤講師「相対音楽」を制作するユニット、(       )の一員。

(       )

(カッコクウハク)は音楽で音楽そのものを表現する絶対音楽に対し、他ジャンルとの関わりそのものに音楽を位置付ける「相対音楽」を制作するユニット。演劇、ダンス、映像、展示など、場所と目的に応じた時間を音楽によって形成する。
 
 
 
 

【チケット料金】日時指定/未就学児童のご入場はご遠慮ください

一般前売 3,000円(事前決済)
一般当日 3,500円
初回割 2,500円(8月1日15:00[東京]、8月15日15:00[京都]、前売のみ)
25歳以下前売 1,500円(要証明)
25歳以下当日 2,000円(要証明)
グループ割 2500円/人(2人以上のグループ、前売のみ)

 

【チケット取り扱い】

『怪人二十面相』予約特設ページはこちら

 

【スタッフ】

ドラマトゥルギー:朴建雄
作曲:増田真結
音制作:(  )カッコクウハク
舞台監督:下野優希
舞台美術:五木見名子
舞台美術製作:C-COM舞台装置、美術工房拓人
照明:池辺茜
照明オペ(東京):野村洋子((株)エスエフシー)
音響:森永恭代
衣装:鷲尾華子(HANA DESIGN ROOM)
制作:合同会社stamp
宣伝デザイン:清水俊洋
記録写真:松本成弘
協力:青木敦子、岡田菜見、浅川水音、水上祐佳

提携:(有)アゴラ企画、こまばアゴラ劇場(東京公演)
助成:芸術文化振興基金
企画・製作:合同会社stamp

京都芸術センター制作支援事業