体験講座企画 演劇編

脚本創作体験講座                              

■脚本を書いてみよう       講師:山口茜

誰しも強烈に、あるいは忘れがたい記憶をお持ちのことと思います。その記憶を、「脚本」にしてみませんか?

 

その記憶はあなたを「わくわく」させますか?

それとも「暗い気持ち」にさせますか?

その気持ちはどんな「場所」で蘇りますか?その場所で、「誰」が喋っていますか?

その人たちはどんな「時代背景」に生きていて、それぞれ「何を思って」毎日を生き抜いているのでしょうか?

 

大好きな相手に「好き」と言えずにモジモジしているのか、それとも本当は気分が悪いのに、ポーカーフェイスを貫いているのか。そういったことを、「セリフ」を中心にまとめたものが「脚本」です。脚本にすると、あなたがなぜ、その記憶に取り組みたかったのかがわかるかもしれません。

 

俳優体験講座                       

■俳優の仕事を体験してみよう    講師:高杉征司

ドラマや映画を観ていてセリフを真似して言ってみたり、俳優をやってみたいと思ったことのある人は多いと思います。そんな密かな願望を叶えるための体験型ワークショップです。

 

コミュニケーションゲームやフリートークで楽しみながら「演技」に触れていき、最後は台本を実際に読んでみます。台本を読み解いていくと、役の役割や個性、他の役との関係性などが見えてきます。そうやって多角的にアプローチするとセリフを言うことの根拠が生まれ、説得力が出てきます。文字だったセリフが立体的に浮かび上がってくるのです。それは本当に楽しい「体験」です。


【コンセプト】

魅力的な街には魅力的な人がいます。魅力的な人というのはどんな人でしょう。たとえば「イキイキとなにかにチャレンジをして、愉しむことができている人」は魅力的なのではないでしょうか?

今回の企画では、

何かに挑戦したいけどその何かが見つからない、

お芝居に触れてみたいけどどうしたら良いかわからない

そんな人が一歩踏み出す機会を作りたいと思います。

今後継続的にこのような場を開いていくことも視野に入れつつ、まずはリサーチとして、俳優体験と脚本創作体験の講座を開き、どんなことに興味のある人がどれぐらいいるのかを探ってみる機会を作りたいと思います。

この講座を通して、

「表現すること、創造することを日々の暮らしの営みとして行う人」

「イキイキとなにかにチャレンジをして、愉しむことができている人」

が増えることで、茨木市の魅力がアップすることを目指します。


【日程】脚本創作体験  全8回

2018年9/1、8、15、22、10/20、27、11/3、10

時間10:00~12:00(9/22、10/20のみ13:00~15:00)

 

俳優体験    全4回

2018年9/22、29、10/6、20

時間10:00~12:00


【参加費】脚本創作体験 全8回分12,000円

俳優体験   全4回分 6,000円

【定員】脚本創作体験 8名

俳優体験   20名

【対象】脚本創作体験 18歳以上

俳優体験   15歳以上

■申込受付開始日 8 月 1 日[水]9:00 ~

■申込先 茨木市文化振興財団・文化事業係 電話:072-625-3055(9:00 ~ 17:00) 申込フォーム 財団ホームページへ

■問合先:茨木市文化振興財団・文化事業係 電話:072-625-3055(9:00 ~ 17:00)

ドラマの見方が変わるかもしれない。劇団に入ってしまうかもしれない。自分を客観的に見るようになるかもしれない。人に優しくなるかもしれない。何が変わるかは参加者次第ですが、何かが変わる120分になることでしょう。