『悪童日記』翻訳者・堀茂樹氏より推薦文をいただきました!

 『悪童日記』の八尾公演まで1ヶ月を切り、稽古も情宣も熱を帯びてきたこのタイミングで、小説『悪童日記』の翻訳者である堀茂樹氏より推薦文をいただきました!
 小説『悪童日記』について、またそれを踏まえてサファリ・Pの舞台『悪童日記』は何だったのか、そして原著者アゴタ・クリストフの生前の生の声。『悪童日記』を愛し、アゴタと親交の深かった堀さんにしか書けないであろうこの文章は必読です。


身体表現による「文体」の変奏

 アゴタ・クリストフの『悪童日記』はすぐれて演劇的な小説である。
 全体を構成する計62の章がそれぞれ一幕の寸劇風だ、というだけのことではない。この小説は始めから終わりまで、作中人物の行動および見聞を証言する言葉と、台詞の提示だけで成り立っているのだ。ふつうの小説にあって、演劇にはないもの、すなわち、作者の視点からの情景描写が一切なく、心理描写や性格描写もない。したがって読者は、ちょうど劇場の舞台上のアクションに立ち会う観客のように作中人物の動きを追い、外からは説明されることのない物語に引き込まれていく。
 この演劇的状況が露わにするのは、地上世界にいきなり投げ出されて、超越的視点を持ち得ず、不透明な現実の中を手探りで前進するしかない世界内存在としてのわれわれ人間の実存にほかならない。そこにはまず身体があり、苛酷な生存条件の設定の下で剥き出しになる暴力、セックス、死があり、さらに優しさ、怒り、そして底知れない悲しみがある。そのすべてに、この小説独特の言葉、「事実の忠実な描写」に徹する言葉が、まるで物質のような存在感を与えている。
 2017年3月~4月に劇団「サファリ・P」が山口茜氏の演出で上演した『悪童日記』は、「文体を舞台化する」と謳い、原作からそのエッセンスともいえる身体性と言葉を抽出し、小劇場の抽象性の高い舞台空間の中で、おそるべき運動量の身体表現(台詞を伴う)によってアゴタ・クリストフの文体を変奏した独創的作品だった。
 2011年7月27日に逝ったアゴタ・クリストフは、1995年の来日時、私的会話の中で、演劇人が自分の小説を自由に読み込み、自分に斟酌することなく解釈し、自由に変奏するのを歓迎する、という意味のことを話していた。もし彼女がまだ生きていて、「サファリ・P」のあの『悪童日記』初演を観たなら、非常に興味を覚え、喜んだにちがいないと私は思う。
 今年の再演では、演出に新機軸が加わると聞いている。大いに楽しみだ。

堀 茂樹
(2019年1月16日)