『財産没収』ドラマトゥルギー・ノート その二
~時代背景について~

 サファリ・Pのドラマトゥルクを務めております朴といいます。このドラマトゥルギー・ノートでは、サファリ・Pの『財産没収』の作劇術(=ドラマトゥルギー)について、3つの要素に絞って紹介をしています。今回は『財産没収』という戯曲が書かれた時代背景について論じます。


写真/サファリ・P 第3回公演『財産没収』より 撮影/堀川高志(kutowans studio)

 『財産没収』が出版されたのは1941年6月19日。アメリカが第二次世界大戦に参戦するほぼ半年前です。同年12月8日(アメリカでは、12月7日)に日本軍による真珠湾攻撃が行われました。この劇のト書きの中には、時代が何年頃であるかの記述がありません。劇中で少女ウィリーが口ずさむ歌You’re the Only Star in My Blue Heavenはジーン・オートリー(1907-1998)によって作詞作曲され、1936年に発表されています。そのためこの劇の「時間」は1936年から1941年の間であると推定されます。

 この作品のテーマソングを歌うジーン・オートリ―は、「The Singing Cowboy:歌うカウボーイ」の愛称で呼ばれた、米国を代表する国民的カントリー&ウェスタン・シンガーかつ西部劇俳優でした。日本では、「Here Comes Santa Claus/サンタクロースがやってくる」、「Rudolph The Red Nosed Reindeer/赤鼻のトナカイ」、「Frosty The Snowman/フロスティー・ザ・スノーマン」などの戦後リリースされたクリスマスソングでよく知られています。ちなみに、You’re the Only Star in My Blue Heavenは、ベスト盤等にも収録されておらず、彼の歌の中ではあまり有名ではありません。

写真/サファリ・P 第3回公演『財産没収』より 撮影/堀川高志(kutowans studio)

 当時の時代背景について、具体的には1920~40年代の戦間期のアメリカのことをより掘り下げてみます。1920年代のアメリカは「狂乱の時代」と呼ばれ、大きく栄えました。アメリカは第一次世界大戦で強力な債権国になり、好景気を背景に大衆消費社会化が一気に進みました。自動車と映画が普及し(自動車の価格は10年代の3分の1となり、映画は27年にトーキー化され、29年にアカデミー賞が発足)、ジャズと雑誌も流行します。当時は「ジャズ・エイジ」とも言われました。ニューヨークでは建築ブームが起こり、エンパイア・ステートビルやクライスラー・ビルが建築されます。また、1920年には女性参政権が確立し、フラッパーと呼ばれる自由奔放な女性たちも現れました。1920年には禁酒法も制定されますがアルコールを求める人々は絶えず、シカゴのアル・カポネに代表されるギャングによる全米の酒類密輸と組織犯罪の勃興に繋がっていきます。

 政治的には、歴代最低と言われる大統領ハーディングと、なにもしない「サイレント・キャル」クーヴァ―が続き、1929年10月24日、「暗黒の木曜日」と呼ばれる株式暴落が始まり大不況が起こりました。1931年までに4000以上の銀行が倒産、1933年には実質生産は3分の1減り、失業率は25%に達します。絶望が全米を支配する中、1932年に当選したフランクリン・デラノ・ローズヴェルトは政府が積極的に市場経済に関与する「ニューディール政策」で、公共事業や職業訓練等を積極的に行います。以上みてきたとおり、30年代のアメリカは20年代の好況から急転直下した不況のどん底にありました。『財産没収』のウィリ―のような、かつて華やかな生活を垣間見た貧しい少女は実際に数多く存在していたのです。ちなみに、前回少し言及したのですが、アメリカ南部には「名誉の文化」という特有の文化があり、テネシーの作品に大きな影響を与えています。これに関しては、東京公演時、上演前に私が行う解説トークで話そうかと思っていますので、ぜひおいでください。京都・愛媛・沖縄でご覧になる方で、もし気になる方がいらっしゃいましたら、サファリ・PのSNSで聞いていただければそこでもお答えします。

写真/サファリ・P 第3回公演『財産没収』より 撮影/堀川高志(kutowans studio)

 次回は、これまでほぼ論考がないサファリ・P独自の演技・演出について書きたいと思います。観劇してくださるみなさまの感想が「むずかしい」で終わらないように、どういうところに目を向け耳を澄ませばよいかを論じます。ご期待ください。

 

筆者:朴 建雄

ドラマトゥルク。演劇が必然的に抱え込む様々なあわいを活性化することに関心があり、創作過程と観劇体験の両方を深めるため合同会社stampの演劇製作に関わる。こまばアゴラ演出家コンクール2018実行委員会事務局長。2018年、クロード・レジ演出『夢と錯乱』の劇評により、ふじのくに⇄せかい演劇祭2018劇評コンクール最優秀賞受賞。