「財産没収」ドラマトゥルギー・ノート その一
〜テネシー・ウィリアムズという劇作家について〜

 サファリ・Pのドラマトゥルクを務めております朴といいます。ドラマトゥルクというのは、ドラマトゥルギーの担当者のことです。ドラマトゥルギーとは、「作劇術」の意で、かつては戯曲の書き方を指しましたが、戯曲以外の要素が大きくなってきた現代の作品においては、その意味が上演までの創作過程全体のことに広がりつつあります。この変化に対応し、もともと劇作家が兼ねていたドラマトゥルクの仕事は企画制作(題材や戯曲の選定、編集)・創作過程(稽古場での意見交換)・観客受容(広報や解説)にまたがってきています。

 今回このドラマトゥルギー・ノートでは、サファリ・P 第4回公演『財産没収』のドラマトゥルギーを三つの要素に分けて記していこうと考えています。具体的には、作者テネシー・ウィリアムズ、『財産没収』が書かれた時代背景、サファリ・Pの演出・演技の方法論に関して書いていきます。今回は、劇作家テネシー・ウィリアムズと彼にとって『財産没収』がどのような位置づけの作品なのかについて論じます。


 写真/利賀演劇人コンクール2015参加作品「財産没収」より 撮影/中尾栄治

 テネシー・ウィリアムズ(1911-1983)は、20世紀のアメリカ演劇を代表する劇作家です。本名はトーマス・ラニア・ウィリアムズ三世で、「テネシー」は本格的に劇作を始めた青年期からの筆名でした。彼に並ぶアメリカの劇作家としては、ユージーン・オニール(代表作:『楡の木陰の欲望』『夜への長い旅路』、ノーベル文学賞受賞者)、アーサー・ミラー(代表作:『セールスマンの死』『るつぼ』)、エドワード・オールビー(代表作:『動物園物語』『ヴァージニア・ウルフなんて怖くない』)などがいますが、ご存知でしょうか?テネシーの代表作の多くは1940~50年代に書かれ、例えば『ガラスの動物園』(1944)『欲望という名の電車』(1947)『熱いトタン屋根の猫』(1955)は、日本でも盛んに上演されています。同じテーマを何度も描き続ける作家として知られ、1960年代以降は批評家にマンネリだと酷評されながらも独自の深化を遂げた作品を書き続けましたが、生前は評価されず失意のうちにアルコールとドラッグとセックスに溺れた晩年を送りました。同性愛者であったことでも知られており、同性愛解放運動が高まりを見せていた1975年に出版された『回想録』では同性愛経験を赤裸々に語っています。この本は当時ベストセラーとなりました。彼の戯曲の主な題材は、出身地であるアメリカ南部(この地域独自の文化は次回詳述します)や統合失調症を病み生涯を精神病院で送った最愛の姉ローズでした。彼の作品は呻き声にも似て、喪失の苦しみと再生への欲望に彩られています。

写真/利賀演劇人コンクール2015参加作品「財産没収」より 撮影/中尾栄治

 今回上演される一幕劇『財産没収』は、もう一つの一幕劇『解放』とともに、『アメリカの情景』という題名で、1941年6月19日に、ニューヨークで出版されました。当時テネシーは30歳で、彼にとって初めての著書出版でした。この『アメリカの情景』には、「人々の風景」(二本のミシシッピ劇)という副題もつけられています。当時は『ガラスの動物園』や『欲望という名の電車』のブロードウェイ公演による大成功を収める前で、テネシーにとっては苦難の時期でした。1940年に初めてプロ劇団のために書いた作品『天使のたたかい』は試演会での不評によりブロードウェイ公演中止になり、ハリウッドに一時的な職を得たものの「ハリウッドの虫けら」として悪戦苦闘していたのです。青年期以降の彼はひとところに長く住むということがなく、アメリカ各地への放浪を繰り返して執筆していました。今回のサファリ・Pによる『財産没収』の演出は、そんな当時の彼の姿を偲ばせるものになっています。


写真/利賀演劇人コンクール2015参加作品「財産没収」より 撮影/中尾栄治

 ちなみに筆者は大学院でこの作家を研究しており、修士論文のテーマは未邦訳の後期作品群でした。ウィリアムズの後期作品には『ガラスの動物園』の続編ともいえる自伝劇『ヴィユ・カレ』『曇ったもの、澄んだもの』や、『グレート・ギャツビー』で著名なスコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダに自分と姉の関係を重ね合わせた亡霊劇『夏ホテルへの装い』など興味深い作品が多くありますが、残念ながらいずれも未邦訳です(そのうち筆者が自分で翻訳しようと思っていますが)。これらの作品に関する最新の研究成果、テネシーの生い立ちや姉ローズとの関係性についての詳細な記述を盛り込んだ充実した解説文を公演で販売するプログラムに寄稿しておりますので、ご興味のある方はぜひ劇場でお手に取っていただければ幸いです。

 

筆者:朴 建雄
ドラマトゥルク。演劇が必然的に抱え込む様々なあわいを活性化することに関心があり、創作過程と観劇体験の両方を深めるため合同会社stampの演劇製作に関わる。こまばアゴラ演出家コンクール2018実行委員会事務局長。2018年、クロード・レジ演出『夢と錯乱』の劇評により、ふじのくに⇄せかい演劇祭2018劇評コンクール最優秀賞受賞。