【高杉征司 脚本・演出情報】劇団紙ひこうき「遠くに街がみえる」

 私が脚本を書いて、演出した「遠くに街がみえる」を高槻シニア劇団WakuWakuで上演したのが2017年11月なので、あれからもう1年経ったことになる。終演後、ほどなくして「この作品を上演したい」とオファーを頂いて、演出もすることになった。オファーは「劇団紙ひこうき」からで、この公演が旗揚げとなる。

 元々この台本は、二年半前に岡山でのクリエイションのために書き下ろしたものだ。小学生・中学生約20名が対象のワークショップ公演で、思春期を迎える彼らの「実感」を掬い上げようとしたものだった。翌年、それを「シニア世代」で再演したのにはワケがあって、そこにもシニア世代の「実感」が影響している。
 シニア劇団WakuWakuの新年会で、一人の団員が某公共放送のドキュメンタリーの話をしてくれた。ある人気バンドの曲を、そのバンドの生演奏に若者たちが合唱で参加して一緒に演る、というものだった。「あの若い時のエネルギーはどこへいったんだろう・・・」とても実感のこもった言葉だった。当然、数十年の時を経て、失ったもの・手に入れたもの・形を変えたものがあるのだけど、それが何なのかを作品を通して検証してみたくなった。演じる人・観てる人が、自分の過去に想いを馳せ、今を実感し、未来を想像する時間を創出すること。そんな目論見を持って大幅に台本を書き直した。還暦同窓会で、学生時代を過ごした寮を訪れた「シニア」。そこで一夜を過ごす中で、蓋をしていた感情が蘇ってくる。そんなお話。

 そして今回、若者とシニアの混成チームで挑むことになった。昨年の上演後、実際に若者を入れてやってみたいな、と思ったところへ「再演依頼」がきたものだから、思い切って打診してみた。結果的に「やって良かった」と思っている。
 十代はやはり身体が動く。そして変化を受け入れやすい。シニアは滲み出るものが分厚い。そしてコミュニケーション能力が高い。そんな当たり前のことを改めて実感する。そしてそんな異なる世代が「高校生」として舞台上で交流する。違和感があってみたり、次第にそれもなくなってみたり、むしろしっくりきてみたり・・・観た人が何を感じてくれるのか? 今から楽しみだ。

 随分前に完売してしまったので、増席しました。ご来場をお待ちしております!

高杉征司

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
劇団紙ひこうき第1回公演
「遠くに街がみえる」

脚本・演出:高杉征司(サファリ・P)

あの頃、みたかった景色
今、みている景色
これから、みるであろう景色

還暦同窓会で思い出の学生寮に集まった四人。一夜を明かすうち、蓋をしていた感情が少しずつ蘇る。
若さゆえの過ち、若さゆえのエネルギー。「我々は何を失い、何を手に入れたのか?」
18歳の当時と60歳の今が交錯する青春群像劇。

【日時】
2018年10月13日(土) 17:00
       14日(日) 11:00 / 15:00

【会場】
人間座スタジオ(京都市左京区下鴨高木町11)

【料金】
一般 1,500円
60歳以上/学生 1,000円
親子割引⭐︎ペアで 2,000円

【チケット取り扱い】
電話:050-7115-8487
メール:kamikamikamihikouki@gmail.com
Twitterアカウント:@kamihikouki2018

ジゼル・ヴィエンヌと茂木宏文

「幸福な王子」終わりで東京へ。一つは芸術公社の主催するドラマトゥルギー・ラボ特別編、ジゼル・ヴィエンヌ氏のレクチャーに参加するため。もう一つは、今度3月に作らせてもらうオペラのための打ち合わせ。そして幸せなことに、その合間に、夏に講師をさせていただいたワークショップの参加者とランチしたり、ドラマトゥルクの朴さんと落ち合って、京都にいる高杉さんとオンラインミーティングをしたりも。

まずはジゼルのレクチャーを聞きにアンスティチュ・フランセへ行き、あっという間の2時間を過ごす。スタートして5分ぐらいで、あ、参加してよかったやつかも、と思う。いろんなファシリテーターと出会うが、だいたいいつも話して5分ぐらいで、この人が今の私のレベルにぴったりかどうかがわかる。レベルが上すぎても下すぎても何を言っているのかわからないのだ。ジゼルはちょうど私が、感覚としてわかっていたことを少し深く掘り下げたりはっきりと言語化してくれたりで、例えが上手いのも相まって相当面白かった。結局彼女は演出としてとても地味な作業を行っているだけなんだけど、それができているからこそ作品が結実するのだということ。幾つかの過去作品を見せながら説明が進んでいく、彼女の過去作品を以前に何度もウェブなどで観たのだが、ぶっ飛んだ舞台写真からは程遠い緻密で堅実な創作過程を知ることができた。

2時間をオーバーしたので、まだ終わらないうちに私は次の待ち合わせのために神楽坂を登る。

作曲家の茂木宏文さんと落ち合う。イタリアン食べながら、お互いの影響を受けた作品などについて語る。そういう提案してくれたのは茂木さんだ。提案されるまでは思いもつかなかったけど、確かにお互いの興味について知り合うことから始めるのは、創作にとっては重要かもしれない。(今この記事は茂木さんに教えて貰った「ル・グラン・マカーブル」の「マカーブルの秘密」というアリアを聴きながら書いている)

翌日はサマースクールで出会った方々とランチ。勝彦さんの書いた物語に、ウォルフィーさん、いくちゃんと大笑いする。勝彦さんは本当に天才だと思う。

その後もう一度茂木さんと会い、アイディア出し。オペラを作るのは二回目だけど、なんというか、今の所演劇を作るのとあまり変わらないスタート。つまり観客にどういうドラマを届けたいのかということ。ただスタートから作曲家がいるというのが大きく違う点だ。とにかく、作曲家と一緒に作る感覚を私は求めていたし、茂木さんもそれを希望されていたので、幸せな出会いだと思う。にしてもまだそこにいない観客に対して、先にドラマを作るということの難しさよ。これ、人間の脳の動きに似ている。例えば言葉を思い出そうとするとき、私たちはその言葉が何なのか忘れているくせにその言葉が探せばどこかにあることを「知っている」。創作もおそらくそういうことなんだ。観客がその存在を知ってはいるもののその名を忘れてしまったもの。思い出したいもの。それを掘り出すのが私たちなのだろう。

夜はstamp制作ミーティング。朴さんと高杉さんと話す。「財産没収」に始まって、2020年3月までのことを。

次の日は朝10時半から18時まで、ジゼルのワークショップ。課題として読んだロベルト・ヴァルザー「池」が私にとってはドストライクの戯曲で、何度読んでも発見があって面白い。これをどういう風に紐解いていくのかというワークショップに前日から心が躍っていた。

ただ、実際のワークショップは、パフォーマーではない私には結構辛いものであった。ジゼルの話はいくらでも楽しめるのだが、自らがメディテーションに参加するのは辛かった。聴講を希望するべきだったのかもしれない。とにかく、静かな一人きりのプライベート空間で何度チャレンジしてもなかなか掴めない「メディテーション」というものに、全く知らない他者が多くいる初めての場所で挑むのはかなり(私には)無理があった。それでも「郷に入れば郷に従え」が私のモットー、と思い挑んだのだが・・・

彼女がこのロベルトの戯曲をどのように見ていくかが語られたのはやはり面白かった。私が戯曲を読んだレベルで「こうしたい」と思っていたことと、ジゼルのアイディアはほぼ同じだった。でも私が驚いたのはそこではなかった。ジゼルは言った。「この素描のようなものを発表の2年ぐらい前に作ります」と。

サファリ・Pも一つの作品に数百時間の稽古をする。だけど2年前に素描はつくらなかった。そんな前から、そこまではっきりと試すのか。納得するまで俳優を探し続けたりというエピソードも。

メディテーションでは辛い思いをしたが、結局収穫のあったワークショップではあった。今週末はジゼルの「CROWD」を京都で観る。

サファリ・P 第4回公演「財産没収」チケット発売開始!

サファリ・P旗揚げのキッカケとなった作品「財産没収」。
初演は2015年7月、利賀山房(富山)にて上演。利賀演劇人コンクール2015に参加し、優秀演出家賞一席を受賞しました。
再演は2017年7月、アトリエ劇研(京都)にて上演。利賀で審査員の方々からいただいた課題に取り組み、大幅に改定しました。より深く、より面白く、より分かりやすくなったと自負しております。
そして今回の再再演。開催都市は愛媛・沖縄・東京・京都(試演会)。レパートリー作品として、たくさんの地域の方に観ていただけるのを楽しみにしています。キャストも高杉征司・達矢・佐々木ヤス子という面々で、装いも新たにお届けします。

本日10月1日、いよいよチケット発売開始です!
みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げます!

公演詳細・ご予約はこちら

脚本創作・俳優体験ws「やってみる演劇」開催!

脚本創作体験講座                              

■脚本を書いてみよう       講師:山口茜

誰しも強烈に、あるいは忘れがたい記憶をお持ちのことと思います。その記憶を、「脚本」にしてみませんか?

 

その記憶はあなたを「わくわく」させますか?

それとも「暗い気持ち」にさせますか?

その気持ちはどんな「場所」で蘇りますか?その場所で、「誰」が喋っていますか?

その人たちはどんな「時代背景」に生きていて、それぞれ「何を思って」毎日を生き抜いているのでしょうか?

 

大好きな相手に「好き」と言えずにモジモジしているのか、それとも本当は気分が悪いのに、ポーカーフェイスを貫いているのか。そういったことを、「セリフ」を中心にまとめたものが「脚本」です。脚本にすると、あなたがなぜ、その記憶に取り組みたかったのかがわかるかもしれません。

 

俳優体験講座                       

■俳優の仕事を体験してみよう    講師:高杉征司

ドラマや映画を観ていてセリフを真似して言ってみたり、俳優をやってみたいと思ったことのある人は多いと思います。そんな密かな願望を叶えるための体験型ワークショップです。

 

コミュニケーションゲームやフリートークで楽しみながら「演技」に触れていき、最後は台本を実際に読んでみます。台本を読み解いていくと、役の役割や個性、他の役との関係性などが見えてきます。そうやって多角的にアプローチするとセリフを言うことの根拠が生まれ、説得力が出てきます。文字だったセリフが立体的に浮かび上がってくるのです。それは本当に楽しい「体験」です。


【コンセプト】

魅力的な街には魅力的な人がいます。魅力的な人というのはどんな人でしょう。たとえば「イキイキとなにかにチャレンジをして、愉しむことができている人」は魅力的なのではないでしょうか?

今回の企画では、

何かに挑戦したいけどその何かが見つからない、

お芝居に触れてみたいけどどうしたら良いかわからない

そんな人が一歩踏み出す機会を作りたいと思います。

今後継続的にこのような場を開いていくことも視野に入れつつ、まずはリサーチとして、俳優体験と脚本創作体験の講座を開き、どんなことに興味のある人がどれぐらいいるのかを探ってみる機会を作りたいと思います。

この講座を通して、

「表現すること、創造することを日々の暮らしの営みとして行う人」

「イキイキとなにかにチャレンジをして、愉しむことができている人」

が増えることで、茨木市の魅力がアップすることを目指します。


【日程】脚本創作体験  全8回

2018年9/1、8、15、22、10/20、27、11/3、10

時間10:00~12:00(9/22、10/20のみ13:00~15:00)

 

俳優体験    全4回

2018年9/22、29、10/6、20

時間10:00~12:00


【参加費】脚本創作体験 全8回分12,000円

俳優体験   全4回分 6,000円

【定員】脚本創作体験 8名

俳優体験   20名

【対象】脚本創作体験 18歳以上

俳優体験   15歳以上

■申込受付開始日 8 月 1 日[水]9:00 ~

■申込先 茨木市文化振興財団・文化事業係 電話:072-625-3055(9:00 ~ 17:00) 申込フォーム 財団ホームページへ

■問合先:茨木市文化振興財団・文化事業係 電話:072-625-3055(9:00 ~ 17:00)

ドラマの見方が変わるかもしれない。劇団に入ってしまうかもしれない。自分を客観的に見るようになるかもしれない。人に優しくなるかもしれない。何が変わるかは参加者次第ですが、何かが変わる120分になることでしょう。

 

「つながる演劇プロジェクト」今年もやります!

日時>
2018年8月9日(木)〜  23日(木)
 ※9日~12日(高石)、21日・23日(茨木)
参加費>
無料
①素材としての自分を知ろう!(10:30 ~ 12:30)
 シアターゲームなどを通じて「失敗歓迎!」なカラダとココロになろう!
 講師:はせなかりえ、大熊ねこ 他
 定員:20 名程度
<参加条件>高石(8月9~12日4 日間)、茨木(21日・23日2日間)それぞれ通して参加できる方優先。
      難しい方はご相談ください。
②相談カフェ(13:00 ~ 15:00)
 演劇創作に関わるプロになんでも質問!気軽におしゃべりしてみよう!
 日替わりゲスト:9日松本謙一郎(美術)
         10日石田光羽(照明)
         11日若旦那家康(制作)
         12日高杉征司(俳優)
         21日八木進(音響)
         23日渡川知彦(舞台監督)
   定員:30 名程度
<参加条件>なし。どなたでもお気軽に!
③表現の引き出しを増やそう!(15:30 ~ 18:30)
 プロの演出家ってどうやって演出しているの?ちょっと体験してみよう!
 日替わり演出家:9日ピンク地底人3号(ピンク地底人、ももちの世界)
         10日鳴海康平(第七劇場)
         11日山口茜(トリコ・A、サファリ・P)
         12日岡本昌也(安住の地)
         21日筒井加寿子(ルドルフ)
         23日稲田真理(伏兵コード)
  定員:1 日 4 グループ程度
<参加条件>演出をしてもらいたい 1 シーン(5 分程度)を発表できるグループ及び個人。
      7 月末までに台本を提出してもらいます。
会場:8月9~12日 アプラ高石[高石市綾園1丁目9番1号]
   8月21日・23日 茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)[茨木市駅前四丁目6番16号]
参加費:無料    
対象:中学生・高校生
お問合せ:tap3.ws@gmail.com / 080-3030-6966
助成 子どもゆめ基金   
主催 合同会社stamp

プロフィール>>
■はせなかりえ
町と人とアートをつなぐ 小劇場 町劇Akashi bb(ブレスandブレス)代表。役者・非常勤講師(演劇をつかったコミュニケーション)・「劇団sol a seed」「即興チーム インプロトイボックス」「児童劇団 ブレスa Bub」主宰 明石を拠点に各地で活動中。
■大熊ねこ
俳優/財団法人生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー。京都・大阪を拠点に活動する劇団「遊劇体」所属。武庫川女子大学・短期大学日文学科非常勤講師。2007年、第9回関西現代演劇俳優賞女優賞受賞。
■松本謙一郎
セノグラファー・舞台美術家・大道具スタッフ。東京で王子小劇場スタッフ、舞台美術研究工房六尺堂に参加ののち、現在関西で活動。最近作、メイシアター×壱劇屋「人恋歌〜晶子と鉄幹」、無名劇団「無名稿 侵入者」
■石田光羽
宝塚北高校演劇科卒。照明に関わり始めたのは大学卒業後。現在は、公共ホールで照明管理を担当する傍ら、小劇場でのダンスや芝居の照明を請け負っている。最近関わった作品は、コトリ会議『しずかミラクル』など。
■若旦那家康
制作者。業務としては小劇場の公演における、企画、進行、広報を主としている。コトリ会議所属。劇団では突劇金魚、ももちの世界、少年王者舘などのマネージメント、また演劇祭などの大型企画にも関わることが多い。
■高杉征司(サファリ・P/俳優)
1975年生まれ。広島県出身。同志社大学在学中に演劇を始め、2001年にWANDERING PARTYを旗揚げし、代表を務める。2011年の劇団解散後はフリーで活動。2015年、サファリ・Pを旗揚げ。2017年、合同会社stamp設立。
■八木進
役者をしていたのに、何の因果かいつのまにか音響になっていたという不思議。大阪の劇団baghdad cafe’に所属しながら色んな劇団やユニット、イベントなどの音響を担当。芝居に寄り添う音響を常々模索中。最近関わった作品、かのうとおっさん「デンジャラスGeorgeと炎のアスリートたち」。
■渡川知彦
1988年より、阪急ファイブオレンジルームの技術管理者となり、音響を中心に照明・舞台全般に携わる。同館閉館後フリーの舞台監督に。小劇場演劇、ダンス作品を手がけ海外公演も多数。
■ピンク地底人3号
劇作家・演出家。Kiss FM KOBEラヴィーナ&メゾン提供 STORY FOR TWO(毎週土曜OA中) 番組ディレクター。代表作:2010年「その指で」(第11回AAF戯曲賞最終候補)2012年「明日を落としても」(佐藤佐吉演劇祭2012カンフェティ賞受賞)2017年「黒いらくだ」(第23回劇作家協会新人戯曲賞最終候補)
■鳴海康平
第七劇場、代表・演出家。Théâtre de Belleville、芸術監督。1979年北海道生まれ。三重県津市在住。早大在学中に劇団を設立。これまで国内外27都市で作品上演。ポーラ美術振興財団在外研修員(フランス・2012年)。
■山口茜
劇作家、演出家。第10回OMS戯曲賞大賞、若手演出家コンクール2006最優秀賞、文化庁芸術祭新人賞、利賀演劇人コンクール優秀演出家賞一席受賞。2007年から2009年まで文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてフィンランドに滞在。2016年よりセゾン文化財団シニアフェロー。
■岡本昌也
1995年生まれ。兵庫県出身。演出家・映像作家。2013年より活動を開始。主な演出作品に安部公房作『幽霊はここにいる』、園子温作『夢の中へ』など。2016年、特定の作家に依存しない形の集団創作に可能性を感じ、団体「安住の地」を結成。
■筒井加寿子
 演出家・劇作家・俳優。1999年より演劇活動開始。2003年退団後、フリー俳優としての活動を経て2008年に「ルドルフ」を立ち上げ。演出・劇作を開始する。平成21年度京都市芸術文化特別奨励制度 奨励者
■稲田真理
劇作家・演出家・俳優。伏兵コード主宰。日常に目を向け、問いを持つことから作品作りが始まる。『幸福論』(2011年)で第18回OMS戯曲賞佳作を受賞。『留鳥の根』(2012年)で第19回OMS戯曲賞大賞を受賞。現在、マレビトの会プロジェクトメンバー。劇作家協会研修課・松田正隆クラスに在籍。

合同会社stampでは制作助手を募集します

この度、合同会社stampでは、トリコ・Aとサファリ・Pの稽古場のレポートや制作補助、企画制作会議への出席を通じて、演劇製作に関わっていくことに興味がある方を若干名募集します。演劇公演の制作・広報に関する企画立案と実施を積極的に行っていただける方につきましては、助手ではなく制作者として継続的にstampの活動に参加していただきたいと考えています。

作者による企画の例として、トリコ・A演劇公演2018『私の家族』では「観劇レポーター企画」を行いました。チケット代がハードルとなってしまう学生の方々に、演劇をより気軽にかつ深く観ていただきたいという問題意識からの企画です。実施内容としては、25歳以下の方々を無料招待し、当日配布の観劇マニュアルと後日実施のワークショップで作品への考察を深めていただいたうえで、400字以上のレポートをご執筆いただきました。参加者による観劇レポートは近日公開いたします。

 これまであまり演劇とかかわりがなかったけれども、芸術に携わる機会がほしいという学生、社会人の方を歓迎いたします。学業やお仕事の傍らの参加でも結構ですので、少しでも興味を持たれた方はぜひご応募ください。

 演劇と社会をつなげること、ひろげることに意欲的な方のご応募を期待しています。

ご応募につきましては、下記の「○応募条件」「○仕事内容・条件」をご確認いただき、「○応募書類要項」の7点を記載したワードファイル等を添付したEメールで下記アドレスまでご連絡ください。また、何かご不明な点がございましたら、下記アドレスまでお気軽にお問い合わせください。

 

応募先アドレス

info@stamp-llc.com

 

締め切りは731日(火)です。ご応募いただいた全ての方と8月中に30分程度の面談を行う予定ですが、応募者多数の場合は書類で選考する場合があります。ご了承ください。

 

応募条件

 

・京都市在住、あるいは京都市内に通える方

・20歳以上30歳くらいまで

・サファリ・Pやトリコ・Aの舞台作品を観たことがある人

・基本的なPCスキルがあること

(ワード、エクセル、パワーポイント等で文書作成ができること)

・演劇の観客を増やすことに興味があること

 

○仕事内容・条件

 

2018年8月から11月まで月数回、制作作業やミーティングに参加。時給:900

*サファリ・P再演ツアー(12月松山、東京、沖縄、2月八尾、横浜、京都)での劇場付き 日給5000円(参加可能日は応相談)

*遠距離の交通費は当社で負担します。

*近距離の交通費は自己負担となります。

 

○応募書類要項(書式自由)

①氏名

②年齢

③住所

④メールアドレス

⑤電話番号

⑥観たことがあるトリコ・Aもしくはサファリ・Pの作品と、作品を観て感じたこと、考えたこと

(観たことがある作品名を除いて400字以上、上限なし)

⑦今後、合同会社stampでの活動を通じて、演劇にどのように関わっていきたいか

400字以上、上限なし)

みなさまのご応募を心待ちにしております。

合同会社stamp

 

八尾プリズムホール主催「つくってみようよ!おしばい」2018にて山口茜が脚本、高杉征司が演出を担当

本気の自分を出しきろう!これは真剣勝負のエンゲキ講座だ!

オリジナル台本で音響も照明も入ったお芝居をつくります。 セリフを覚えて、動きをつくって
どんどん出来上がっていく本気の演劇づくりは、 楽しさ満点!

「君と奏でる物語」
脚本:山口茜 演出:高杉征司 演出助手:阪本麻紀

■日程(全10回)
7/24(火)13:00~16:00
8/ 3(金)13:00~16:00
7(火)10:00~16:00
10(金)13:00~16:00
17(金)13:00~15:00
18(土)13:00~15:00
21(火)10:00~16:00
24(金)13:00~16:00
25(土)10:00~16:00
26(日) 9:00~17:30 ※発表公演 全日程参加できる方を優先して抽選します!

■対象
小学5年生~高校生

■定員
①俳優コース     15名程度
②舞台スタッフコース 数名
※どちらも申込み多数の場合抽選となります

■場所
5F レセプションホール 他

■申込受付期間
~7/16(月・祝)まで

■申込方法
(1)来館・FAX(072-924-5010)→応募用紙は下の申込書をダウンロードしてください
つくってみようよ!おしばい平成30年プリズムホール夏休みのイベント 申込書 (PDF)

(2)メールフォーム→こちらから
①お名前・性別 ②学校名・学年 ③電話番号 ④住所 ⑤メール

その他、下記の点を明記してください。
◆「俳優」か「舞台スタッフ」の希望(メールフォームはいずれか選択して)
◆応募動機(メールフォームはその他欄に)
◆参加できない日程(メールフォームはその他欄に)

■お問い合わせ
プリズムホール(八尾市文化会館)チケットカウンター 〒581-0803 大阪府八尾市光町2-40
TEL:072-924-9999 FAX:072-924-5010 メール:infokikaku@prismhall.jp
9001900 月曜休館・祝祭日の場合翌日)

詳しくはこちら

ポスト・パフォーマンス・トークのゲスト決定!

6月1日、2日、3日の13時開演回では、ゲストと山口茜による
20分程度のポスト・パフォーマンス・トークを行います。
下記公演はまだご予約を受付しております。
ぜひご来場ください。
6/1 13:00  右近健一氏(劇団☆新感線)
6/2 13:00  中村征樹氏(大阪大学全学教育推進機構准教授)
6/3 13:00  山納洋氏(大阪ガス株式会社 都市魅力研究室長、本公演ドラマトゥルク)