外部のお仕事」カテゴリーアーカイブ

利賀振り返りメモ

利賀演劇人コンクールを終えて、結果まで待って、やっと次の事を考えられる頭になった。
ので振り返りだけしておきたい。

20代の頃から利賀に行きたかった。
でも独りで行く勇気はなかった。
当時一緒にやっていた人たちに持ちかけてみるも、反応鈍し。
心の中でいつもうずうずしていた。

やっと応募できて、幸運にも審査をして頂ける事となった。

利賀に下見で行ったとき、ここは私の場所だ、と感じた。
それは多分、過去に和知という限界過疎地域で過ごし、演劇を上演させて頂いた時間のおかげだと思う。
場所に飲み込まれる感じは無かった。
道端に生えている野草が、和知のものとほとんど同じだったからかも。

それに、下見に行った時点で既に一ヶ月稽古を重ねていた。
その上で劇場を見学できた事は大きかった。
その時点ではまだパターンは掴めていなかったけど、
そこに立つ高杉さんやまっちゃんやえみちゃんを想像する事ができた。

稽古場の事も大きい。
私が今京都で一番好きな稽古場、左京東部いきいき市民活動センターで稽古を重ねる事ができた。
窓をあければ山がすぐそこにある、これも利賀とほとんど変わらない環境に思えた。
下界と一度以上気温差があって、涼しくて。

そこにほとんどいつもいた松本すくちゃんの影響も大きい。
まだ一才半のすく、私達の心をつかんで離さなかった。
彼女の行動で稽古が遮られる事が嫌ではなかった。
むしろ私達の太陽だった。

公開リハーサルを提案してくれたスペースイサンのディレクター、田辺さんにも感謝。
あの時間があって、作品をもう一つ上に持って行く事ができた。
観に来てくださった皆様にも本当に感謝。

そして、当たり前だけど粘り強く稽古に付き合ってくれたキャストとスタッフ。
高杉さんもまっちゃんもえみちゃんもしえちゃんも、自身の不安よりも優先して演出の核の所を突き詰めて一緒に考えてくれて、茜ちゃんとキョロさんと下野君は魅せる為の仕上げに粘り強く付き合ってくれて、当日は青木さんの立ち振る舞いで随分助けられた。〈かじーも公開リハーサルでのぶっつけ本番の照明オペ、よっしー照明仕込み、ありがとうね〉

誰一人欠けてもこの作品は仕上がらなかったと言える。

財産没収本番前

この結果はどう考えても私の成果ではなく、私の仲間達のものだ。
の反面、

思い知らされた事。
圧倒的なものを創る余地がまだまだ沢山あったという事。
学ばせてもらってばかりだったという事。

悔しさばかりが残る、
こんな時ぐらい喜びたいと思いつつ、
悔しさばかりが残る。というのが正直なとこ。

ただ、
なんだかこのところ「前へ向かう」という部分を担う心が疲弊していたんだけど、
その疲れは取れた。
いや、疲れていると思っていたけどそうではなくて、
動機が弱っていたのかもしれない。

いっぱい悔しい思いをさせてもらって、
がっつり前を向く事ができた。

ひゃー
悔しいんだけど、
自分がまた再び前を向けた事が今は嬉しくもあるのだ。
心はコントロールできないからな。

とにかく最低限の結果は残せた。
次に行きます。
む!
財産没収舞台写真1

Tウィリアムズ「財産没収」公開リハーサルを行います。

利賀演劇人コンクールに出品する作品の公開リハーサルを行います。
見学をご希望の方は、トリコ・Aウェブお問い合わせフォームより『「財産没収」公開リハーサル見学希望』と明記してお申し込み下さい。

お問い合わせフォーム

日時:7月23日(木)20時〜 「財産没収」公開リハーサル
上演時間:約30分
料金:無料
*終演後、30分程度の意見交換の場をもうけます。お時間のある方は是非ご参加下さい。またアンケートにも御協力下さい。

場所:スペースイサン(京阪東福寺駅より徒歩5分、京阪七条駅より徒歩12分)
   劇場サイト

作品名:テネシーウィリアムズ作「財産没収」
出演:高杉征司、松本成弘、松尾恵美
舞台監督:下野優希
衣装:南野詩恵
照明プラン:池辺茜
音響プラン:森永キョロ
演出:山口茜

壊し壊され

ヘッダー写真を、ひとでなしの恋のときの松尾恵美さんに変えてみた。

没になった衣装だけど、南野詩恵さんの渾身の作。
バックにはさかおまおさんの美術。

写真にはうつらないけど、ここでは増田真結さんの作曲した曲が、上中さんと中村さんによって演奏されている。

松尾恵美ちゃんが、人形を壊す女と、女に壊される人形を一人二役。

ワークショップ@立誠小学校

今日は、トリコ・A × CHAiroiPLIN 【安部公房作品 合同上演プロジェクト】の関連企画として、ワークショップをさせていただきました。皆さんとっても素敵な方ばかりで、楽しかったです!

ひとり、「体とセリフがとても連動していますね」とお伝えした男性の方が、今さっきマジシャンであることが発覚。そら連動してるわ、それが仕事やもん・・・プロに向かって生意気な事を言うてしまいました。

立誠小学校の周りは、散りかけの桜でこれまたとても情緒があります。
9日からの本番、お待ちしています!

IMG_3413

IMG_3419

IMG_3420

ひとでなしの恋2014.12.19

いよいよ明日がオペラ本番。

毎日お会いして、毎日微調整していくと、カンパニーに一体感が出て来る。とても貴重な時期。若い頃はこの時期になるともうパニックで思考回路が完全ストップしていたのだが、そう言う年齢でもなくなり、落ち着いていると、どんどん深い所に皆さんと入って行ける。もちろん、難題はまだまだあるんだけど。最後まで粘る。

毎日生演奏を聴きながら稽古していると、音楽の中でおのずと自分が好きな箇所が出て来る。演劇を創る時も好きなシーンはもちろん出て来るが、音楽で好きな部分というのはもっと小さな箇所、例えばここで入るピアノのドの音みたいな小ささ。面白いなあ。その部分に近づくと心臓が高鳴る。音楽って原始の時代から人間とともにあったんだなと訳の分からない感動をしてしまったりしている。

色んな事が滞っている。徐々に前に進めて行かないとエラい目にあうぞと思いながら、風邪を引いて2日間、寝苦しい夜。

あー最近ほんま、なりふりかまわず生きてるなー

でも稽古中は不思議と集中していられた。

ひとでなしの恋

ひとなしの恋の座組が凄いと思ったのは、いよいよ先週、カウンターテナーの藤木大地さんと、ピアニストの中村圭介さんに出会ったときだった。

リハーサル風景。少しだけ藤木さんの歌声が聴けます。

とあるシーンを追加することについて、二人が少年のように「山口さんがやればいい」と仕掛けてきたのにはとても驚いて、同時にとても幸せな気持ちにならせてもらった。

誰が演出とか誰がマネージメントとか、そんな事無視して、ただこの作品を多くのお客さんに観てほしいという気持ちのままに、お互い自由に意見を出し合う風通しの良い現場は、私の理想だ。

今回、ただこのオペラのためだけに集まった私たちにそれができたのは、奇跡だなと思う。

幸せだ、幸せだといいながら、増田さんはがんばってくれている。

増田さんの創作ノート

私は、面白い、いいね、と言いながら、松尾恵美ちゃんとダンスを創っている。

IMG_3169

中村さんと藤木さん

IMG_3170

かわいい増田さん。

IMG_3171

そしてカンパニーを一生懸命お世話をしてくださる古川さん

IMG_3104

次々に予想を超えるダンスをみせてくれる恵美ちゃん。

 

Dance New Air 2014「赤い靴」終了しました

先月15日、テキストで参加させて頂いた、カンパニーデラシネラ「赤い靴」が終演しました。城崎アートセンターでの滞在制作から、青山円形劇場での稽古まで、刺激的な事ばかりでした。相変わらず小野寺修二さんは一日中フル回転で演出。煙草を吸いに行くとき以外、休む事が無い。片桐はいりさんも、藤田桃子さんも、ソフィーブレックさんも、同じくずっと、ずーっと稽古。稽古場には整体師さんもついてはりました。

写真は片桐はいりさんに頂いた、佐渡島のお土産です。そういえば佐渡島で8月、これもテキストを書かせて頂いた「サイコ」が上演されたのです。観に行けなかったのですが、相当なパワースポットだったそうです。死ぬまでに行ってみたいです。死ぬ時に後悔しても、死んでから行けそうな気もする場所

IMG_2981

IMG_2939

 

先月28日、高槻現代劇場にて上演された「カヌーラジオ」が無事終演しました。高槻シニア劇団「恍惚一座」。私は2年前から講師を担当させて頂いております。

2年目らしく、色々ありました。でも集団で活動するならば何にも無い方がおかしいということで、なんとか。

脚本は、伊地知克介さんに書いて頂きました。15人もの登場人物にそれぞれ見せ場を持たせつつ、どこまでも広がって行く壮大な物語を紡いで下さいました。本当にありがとうございました。

IMG_2956