トリコ・A」カテゴリーアーカイブ

トリコ・A 12月公演に向けた読み合わせ稽古②

 3月27日と4月1日それぞれ午前と午後の部を開催しまして、合計四区分、述べ40名以上の俳優さんにお集まりいただきました。みなさん、お忙しい中お力をお貸しいただきありがとうございました!

 おかげさまで心から「やってよかった」と思える成果がありました。生身の俳優が読むことで立体的に立ち上がる戯曲、色んな俳優に色んな役をやってもらうことで見えてきた発見、そして、読み合わせが終わったあとで行った振り返り。この振り返りで、読んだ感想を交換したのですが、やはりそれぞれのバックボーンや演劇観があるのであって、出てくる意見も千差万別。同じ情報を受け取っても全然違う解釈になることは珍しいことではない。思い込みや頑なさを取っ払って、みなさんのご意見に耳を傾けると、人の多様性と台本の可能性が見えてくる。

 本格的に稽古が始まるのは秋だけど、時々こうやってみなさんのお力をお借りして作品の骨格を創っていきたい。なんの台本かって? 情報公開をお待ちください。

トリコ・A 12月公演に向けた読み合わせ稽古①

 本日3月27日、トリコ・Aの12月公演に向けた読み合わせ稽古を行いました。10:00〜12:30と13:00〜15:30の二部構成。述べ20名の俳優さんにご協力いただきました。1週間程度の募集期間だったにも関わらず、本当にたくさんの方にお集まりいただきまして感謝いたします。

 やはり実際に俳優が読むと、文字で描かれた世界が立体的に立ち上がってくる。色んな役を色んな人が演じると、役柄や世界観の色んな可能性が見えてくる。演出の山口さんも随分と作品を立ち上げる参考になったようです。参加者の皆さんも「楽しかった」と帰って行かれました。10代〜70代まで、老若男女との新しい出会いや再会。やってよかった、本当に。

 最後は各自の感想を伺いました。自分の読んだ役の感覚に照らし合わせたご意見がたくさん出てきたことにハッとしました。文字で読んで感想を言うなら、もっと構造などの俯瞰した話になるのだろうと思います。しかし、演じた上での戯曲の感想はその役と自分を重ねた極私的なものになるんだ、という新鮮な驚き。身体を通すことの有意性、またはそのイニシアチブの強さ。そんな明らかな影響を目の当たりにし、「私たちはそんなことをやっているんだ」と俳優業について再認識しました。

 公演詳細は情報公開をお待ちください。主催者からのGOが出ましたら即時アップいたします。そして次の読み合わせ稽古は4月1日。またたくさんの俳優さんにお越しいただきます。皆さんのご協力と想いがトリコの作品を確実に押し上げてくれます。次回の報告もお楽しみに!

高杉 征司

トリコ・A 12月公演稽古参加者募集!

トリコ・Aでは、次回上演作品の創作に先立ち、下記の要領で本読みの稽古を実施します。
参加してくださる俳優の方を若干名募集いたしますので、みなさま奮ってご応募ください。

○日程

3/27(水)10:00-12:30

3/27(水)13:00-15:30

4/1(月)10:00-12:30

4/1(月)13:00-15:30

○場所
京都市内

○募集する俳優の条件

20代、あるいは20代に見える女性 若干名
20代、あるいは20代に見える男性 若干名
60代、あるいは60代に見える男性 若干名
60代、あるいは60代に見える女性 若干名

俳優として舞台に立った経験がある方

*この稽古はオーディションではありません。

参加を希望される方は、応募アドレスまで下記6点の事項を明記の上ご連絡ください。

締切は3月24日(日)中です。みなさまのご応募をお待ちしております。

○応募先アドレス

toriko.a@stamp-llc.com

○連絡事項

①氏名

②年齢

③住所

④メールアドレス

⑤電話番号

⑥参加可能な日時(複数選択可)

ポスト・パフォーマンス・トークのゲスト決定!

6月1日、2日、3日の13時開演回では、ゲストと山口茜による
20分程度のポスト・パフォーマンス・トークを行います。
下記公演はまだご予約を受付しております。
ぜひご来場ください。
6/1 13:00  右近健一氏(劇団☆新感線)
6/2 13:00  中村征樹氏(大阪大学全学教育推進機構准教授)
6/3 13:00  山納洋氏(大阪ガス株式会社 都市魅力研究室長、本公演ドラマトゥルク)

 

U25観劇レポーターが決定!

この度、観劇レポーターを募集いたしましたところ、 多くの反響をいただきました。応募してくださったみなさま、また、この募集を若い観劇者のために広めてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

下記のみなさまを、観劇レポーターとして公演にご招待させていただきます。
(以下、公表可のニックネームにて掲載)
———————–
中筋捺喜
にっかちゃん

こーすけ
トキオ
MH
温井
タロシ毎子
コブシ
こうすけ
なかしま
ひかる
花歩
タヌ
ふじえもん
———————–

上記の方々には担当者より今後の流れについて直接ご連絡いたします。

この観劇レポーター企画は、若い観劇者の方々に、演劇作品をただ観て終わりにするのではなく、観て感じたことについて考えを深めていただくことを目的としてい ます。

今後の取り組みもホームページで随時発信していきます。
引き続きどうぞご注目ください。