投稿者「yamaguchi」のアーカイブ

「つながる演劇プロジェクト」今年もやります!

日時>
2018年8月9日(木)〜  23日(木)
 ※9日~12日(高石)、21日・23日(茨木)
参加費>
無料
①素材としての自分を知ろう!(10:30 ~ 12:30)
 シアターゲームなどを通じて「失敗歓迎!」なカラダとココロになろう!
 講師:はせなかりえ、大熊ねこ 他
 定員:20 名程度
<参加条件>高石(8月9~12日4 日間)、茨木(21日・23日2日間)それぞれ通して参加できる方優先。
      難しい方はご相談ください。
②相談カフェ(13:00 ~ 15:00)
 演劇創作に関わるプロになんでも質問!気軽におしゃべりしてみよう!
 日替わりゲスト:9日松本謙一郎(美術)
         10日石田光羽(照明)
         11日若旦那家康(制作)
         12日高杉征司(俳優)
         21日八木進(音響)
         23日渡川知彦(舞台監督)
   定員:30 名程度
<参加条件>なし。どなたでもお気軽に!
③表現の引き出しを増やそう!(15:30 ~ 18:30)
 プロの演出家ってどうやって演出しているの?ちょっと体験してみよう!
 日替わり演出家:9日ピンク地底人3号(ピンク地底人、ももちの世界)
         10日鳴海康平(第七劇場)
         11日山口茜(トリコ・A、サファリ・P)
         12日岡本昌也(安住の地)
         21日筒井加寿子(ルドルフ)
         23日稲田真理(伏兵コード)
  定員:1 日 4 グループ程度
<参加条件>演出をしてもらいたい 1 シーン(5 分程度)を発表できるグループ及び個人。
      7 月末までに台本を提出してもらいます。
会場:8月9~12日 アプラ高石[高石市綾園1丁目9番1号]
   8月21日・23日 茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)[茨木市駅前四丁目6番16号]
参加費:無料    
対象:中学生・高校生
お問合せ:tap3.ws@gmail.com / 080-3030-6966
助成 子どもゆめ基金   
主催 合同会社stamp

プロフィール>>
■はせなかりえ
町と人とアートをつなぐ 小劇場 町劇Akashi bb(ブレスandブレス)代表。役者・非常勤講師(演劇をつかったコミュニケーション)・「劇団sol a seed」「即興チーム インプロトイボックス」「児童劇団 ブレスa Bub」主宰 明石を拠点に各地で活動中。
■大熊ねこ
俳優/財団法人生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー。京都・大阪を拠点に活動する劇団「遊劇体」所属。武庫川女子大学・短期大学日文学科非常勤講師。2007年、第9回関西現代演劇俳優賞女優賞受賞。
■松本謙一郎
セノグラファー・舞台美術家・大道具スタッフ。東京で王子小劇場スタッフ、舞台美術研究工房六尺堂に参加ののち、現在関西で活動。最近作、メイシアター×壱劇屋「人恋歌〜晶子と鉄幹」、無名劇団「無名稿 侵入者」
■石田光羽
宝塚北高校演劇科卒。照明に関わり始めたのは大学卒業後。現在は、公共ホールで照明管理を担当する傍ら、小劇場でのダンスや芝居の照明を請け負っている。最近関わった作品は、コトリ会議『しずかミラクル』など。
■若旦那家康
制作者。業務としては小劇場の公演における、企画、進行、広報を主としている。コトリ会議所属。劇団では突劇金魚、ももちの世界、少年王者舘などのマネージメント、また演劇祭などの大型企画にも関わることが多い。
■高杉征司(サファリ・P/俳優)
1975年生まれ。広島県出身。同志社大学在学中に演劇を始め、2001年にWANDERING PARTYを旗揚げし、代表を務める。2011年の劇団解散後はフリーで活動。2015年、サファリ・Pを旗揚げ。2017年、合同会社stamp設立。
■八木進
役者をしていたのに、何の因果かいつのまにか音響になっていたという不思議。大阪の劇団baghdad cafe’に所属しながら色んな劇団やユニット、イベントなどの音響を担当。芝居に寄り添う音響を常々模索中。最近関わった作品、かのうとおっさん「デンジャラスGeorgeと炎のアスリートたち」。
■渡川知彦
1988年より、阪急ファイブオレンジルームの技術管理者となり、音響を中心に照明・舞台全般に携わる。同館閉館後フリーの舞台監督に。小劇場演劇、ダンス作品を手がけ海外公演も多数。
■ピンク地底人3号
劇作家・演出家。Kiss FM KOBEラヴィーナ&メゾン提供 STORY FOR TWO(毎週土曜OA中) 番組ディレクター。代表作:2010年「その指で」(第11回AAF戯曲賞最終候補)2012年「明日を落としても」(佐藤佐吉演劇祭2012カンフェティ賞受賞)2017年「黒いらくだ」(第23回劇作家協会新人戯曲賞最終候補)
■鳴海康平
第七劇場、代表・演出家。Théâtre de Belleville、芸術監督。1979年北海道生まれ。三重県津市在住。早大在学中に劇団を設立。これまで国内外27都市で作品上演。ポーラ美術振興財団在外研修員(フランス・2012年)。
■山口茜
劇作家、演出家。第10回OMS戯曲賞大賞、若手演出家コンクール2006最優秀賞、文化庁芸術祭新人賞、利賀演劇人コンクール優秀演出家賞一席受賞。2007年から2009年まで文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてフィンランドに滞在。2016年よりセゾン文化財団シニアフェロー。
■岡本昌也
1995年生まれ。兵庫県出身。演出家・映像作家。2013年より活動を開始。主な演出作品に安部公房作『幽霊はここにいる』、園子温作『夢の中へ』など。2016年、特定の作家に依存しない形の集団創作に可能性を感じ、団体「安住の地」を結成。
■筒井加寿子
 演出家・劇作家・俳優。1999年より演劇活動開始。2003年退団後、フリー俳優としての活動を経て2008年に「ルドルフ」を立ち上げ。演出・劇作を開始する。平成21年度京都市芸術文化特別奨励制度 奨励者
■稲田真理
劇作家・演出家・俳優。伏兵コード主宰。日常に目を向け、問いを持つことから作品作りが始まる。『幸福論』(2011年)で第18回OMS戯曲賞佳作を受賞。『留鳥の根』(2012年)で第19回OMS戯曲賞大賞を受賞。現在、マレビトの会プロジェクトメンバー。劇作家協会研修課・松田正隆クラスに在籍。

合同会社stampでは制作助手を募集します

この度、合同会社stampでは、トリコ・Aとサファリ・Pの稽古場のレポートや制作補助、企画制作会議への出席を通じて、演劇製作に関わっていくことに興味がある方を若干名募集します。演劇公演の制作・広報に関する企画立案と実施を積極的に行っていただける方につきましては、助手ではなく制作者として継続的にstampの活動に参加していただきたいと考えています。

作者による企画の例として、トリコ・A演劇公演2018『私の家族』では「観劇レポーター企画」を行いました。チケット代がハードルとなってしまう学生の方々に、演劇をより気軽にかつ深く観ていただきたいという問題意識からの企画です。実施内容としては、25歳以下の方々を無料招待し、当日配布の観劇マニュアルと後日実施のワークショップで作品への考察を深めていただいたうえで、400字以上のレポートをご執筆いただきました。参加者による観劇レポートは近日公開いたします。

 これまであまり演劇とかかわりがなかったけれども、芸術に携わる機会がほしいという学生、社会人の方を歓迎いたします。学業やお仕事の傍らの参加でも結構ですので、少しでも興味を持たれた方はぜひご応募ください。

 演劇と社会をつなげること、ひろげることに意欲的な方のご応募を期待しています。

ご応募につきましては、下記の「○応募条件」「○仕事内容・条件」をご確認いただき、「○応募書類要項」の7点を記載したワードファイル等を添付したEメールで下記アドレスまでご連絡ください。また、何かご不明な点がございましたら、下記アドレスまでお気軽にお問い合わせください。

 

応募先アドレス

info@stamp-llc.com

 

締め切りは731日(火)です。ご応募いただいた全ての方と8月中に30分程度の面談を行う予定ですが、応募者多数の場合は書類で選考する場合があります。ご了承ください。

 

応募条件

 

・京都市在住、あるいは京都市内に通える方

・20歳以上30歳くらいまで

・サファリ・Pやトリコ・Aの舞台作品を観たことがある人

・基本的なPCスキルがあること

(ワード、エクセル、パワーポイント等で文書作成ができること)

・演劇の観客を増やすことに興味があること

 

○仕事内容・条件

 

2018年8月から11月まで月数回、制作作業やミーティングに参加。時給:900

*サファリ・P再演ツアー(12月松山、東京、沖縄、2月八尾、横浜、京都)での劇場付き 日給5000円(参加可能日は応相談)

*遠距離の交通費は当社で負担します。

*近距離の交通費は自己負担となります。

 

○応募書類要項(書式自由)

①氏名

②年齢

③住所

④メールアドレス

⑤電話番号

⑥観たことがあるトリコ・Aもしくはサファリ・Pの作品と、作品を観て感じたこと、考えたこと

(観たことがある作品名を除いて400字以上、上限なし)

⑦今後、合同会社stampでの活動を通じて、演劇にどのように関わっていきたいか

400字以上、上限なし)

みなさまのご応募を心待ちにしております。

合同会社stamp

 

八尾プリズムホール主催「つくってみようよ!おしばい」2018にて山口茜が脚本、高杉征司が演出を担当

本気の自分を出しきろう!これは真剣勝負のエンゲキ講座だ!

オリジナル台本で音響も照明も入ったお芝居をつくります。 セリフを覚えて、動きをつくって
どんどん出来上がっていく本気の演劇づくりは、 楽しさ満点!

「君と奏でる物語」
脚本:山口茜 演出:高杉征司 演出助手:阪本麻紀

■日程(全10回)
7/24(火)13:00~16:00
8/ 3(金)13:00~16:00
7(火)10:00~16:00
10(金)13:00~16:00
17(金)13:00~15:00
18(土)13:00~15:00
21(火)10:00~16:00
24(金)13:00~16:00
25(土)10:00~16:00
26(日) 9:00~17:30 ※発表公演 全日程参加できる方を優先して抽選します!

■対象
小学5年生~高校生

■定員
①俳優コース     15名程度
②舞台スタッフコース 数名
※どちらも申込み多数の場合抽選となります

■場所
5F レセプションホール 他

■申込受付期間
~7/16(月・祝)まで

■申込方法
(1)来館・FAX(072-924-5010)→応募用紙は下の申込書をダウンロードしてください
つくってみようよ!おしばい平成30年プリズムホール夏休みのイベント 申込書 (PDF)

(2)メールフォーム→こちらから
①お名前・性別 ②学校名・学年 ③電話番号 ④住所 ⑤メール

その他、下記の点を明記してください。
◆「俳優」か「舞台スタッフ」の希望(メールフォームはいずれか選択して)
◆応募動機(メールフォームはその他欄に)
◆参加できない日程(メールフォームはその他欄に)

■お問い合わせ
プリズムホール(八尾市文化会館)チケットカウンター 〒581-0803 大阪府八尾市光町2-40
TEL:072-924-9999 FAX:072-924-5010 メール:infokikaku@prismhall.jp
9001900 月曜休館・祝祭日の場合翌日)

詳しくはこちら

ポスト・パフォーマンス・トークのゲスト決定!

6月1日、2日、3日の13時開演回では、ゲストと山口茜による
20分程度のポスト・パフォーマンス・トークを行います。
下記公演はまだご予約を受付しております。
ぜひご来場ください。
6/1 13:00  右近健一氏(劇団☆新感線)
6/2 13:00  中村征樹氏(大阪大学全学教育推進機構准教授)
6/3 13:00  山納洋氏(大阪ガス株式会社 都市魅力研究室長、本公演ドラマトゥルク)

 

U25観劇レポーターが決定!

この度、観劇レポーターを募集いたしましたところ、 多くの反響をいただきました。応募してくださったみなさま、また、この募集を若い観劇者のために広めてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

下記のみなさまを、観劇レポーターとして公演にご招待させていただきます。
(以下、公表可のニックネームにて掲載)
———————–
中筋捺喜
にっかちゃん

こーすけ
トキオ
MH
温井
タロシ毎子
コブシ
こうすけ
なかしま
ひかる
花歩
タヌ
ふじえもん
———————–

上記の方々には担当者より今後の流れについて直接ご連絡いたします。

この観劇レポーター企画は、若い観劇者の方々に、演劇作品をただ観て終わりにするのではなく、観て感じたことについて考えを深めていただくことを目的としてい ます。

今後の取り組みもホームページで随時発信していきます。
引き続きどうぞご注目ください。